INTERVIEW

動画領域って面白い。かっちょいい大人を目指す営業の声

セールス&プランニング本部 伊藤剛

ご出身はどちらですか?

大阪です!!
あ、細かく言うと兵庫県生まれの大阪育ちです!(笑)
ただ、東京では“大阪”の方がウケがいいので、“大阪”って言っています(笑)
大阪の中でも、“高槻”っていう洗練された田舎で伸び伸びと育っていて、
大学卒業までずっと関西にいました!

学生時代は何をされていましたか?

5歳~18歳まではずっとバドミントンをやっていました。
本当は野球部とかサッカー部とかイケてるスポーツが良かったのですが、、、
両親も兄も含め、バドミントン一家だったので、やむを得ず、その道に(笑)
ただ、良い誤算だったのは、バドミントン部って男の子の競技人口が少なくて、
練習や試合が女子と一緒の事が多いので、顔はイマイチでも、
ちょっと入賞とかしていると、バドミントン界“では”目立つんですよ。

(じゃあ結構モテたりしたんですか??)
大阪府のバドミントン会(公立高校のみ)という、皆さまがご想像し難い超ニッチな世界では、ボチボチモテていました。(笑) 人生で最初で最後のモテ期です。あの頃に戻りたいです。・・・・モテ期って人生で2回来るんですよね?

▼学生時代の旅行写真

卒業後はどのような進路を?

高校まではバドミントン漬けだったのですが、大学時代は、アホみたいにずっとお好み焼き屋さんでバイトをしていて、朝から晩まで、平日から休日まで何千枚とお好み焼きを作っていました。そんな事もあり、卒業後はお好み焼き屋さんになるか、サラリーマンになるか悩んでいました。自分の作った料理でお客さんが満足して、笑顔になっていく光景がたまらなく幸せだったのですが、私は公務員の息子で、安定志向の鬼だったので、お好み焼き屋の夢は先延ばしにし、結果的には、内定の出ていた大手電機メーカーに就職しました。ザ安定です。
電機メーカーでは全国転勤有りの営業でしたが、運良く(?)東京配属となり、東京で営業をしていました。家やビルなどの工事現場を車で延々と駆け巡る毎日で、お客さんも工事
現場のおっちゃんばかりだったので、それはそれは刺激的で勉強させて頂いた毎日でした。
ここでは具体的には話せませんが(笑)
私のコミュニケーション能力はこの4年で急成長を遂げたと思います

そこからO8を知ったきっかけはありますか?

そんな電機メーカーでの4年目の頃に、広告の仕事に憧れて1度目の転職をしました。
大学の頃から広告の仕事には憧れていたのですが、広告の仕事=総合広告代理店=エリートという謎のイメージが強く(笑)、近づいていなかったのですが、やっぱり何かしら広告に携わりたいという想いで、某ブライダルメディアの会社に転職しました。
ブライダル関連の企業がクライアントとなり、雑誌を中心とした広告営業を3年間ほど続けていく中で、ブライダルだけでなく、“様々な業種/業界のクライアントの広告の仕事に携わりたい”という想いが強くなり、2度目の転職活動を行いました。

広告業界の企業を広く検討し、面接もかなりの数を受けていました。
そして、転職活動が9割ほど終え、いくつか内定を頂いている中で、それまでは安定志向から比較的大手の企業のみを見ていたのですが、「せっかく東京にいるし、東京っぽい”ベンチャー“もちょっと見てみるか」という非常に軽い気持ちで最後に訪れたエージェント経由でオープンエイトを紹介されました。
これが運命の出会いになるとはつゆ知らず(笑)

そこから入社に至った経緯は?

転職活動も終盤だったので、最後の1社という事でオープンエイトの面接を受けていました。興味を持った点は、“動画を軸にした事業”と“女性向けメディア”という点でした。
動画に関しては、今後、広告やマーケティングの仕事に携わっていく中で、世の中的にも需要が増え、多くの可能性に秘めた領域だと思っています。あと、私が前職から女性向けのメディアにこだわっている理由は、女性メディアって流行に敏感でいなければいけない領域じゃないですか?そこの広告を扱うって非常に難しくも、面白い気がしていたからです。
あとは、女性向けメディアを仕事にしている人って、”かっちょいい大人”になれそうな気がするという、めちゃくちゃフワッとした想いがあり、それが自分の中ではすごく大事だったりしています(笑)

面接に関しては、有り難い事に、たくさんの社員の方と話す機会を頂きました。
その当時、私はベンチャーの事は全然知りませんでしたが、社員のみなさまと話していると、ベンチャーらしからぬ、“落ち着き”を感じていました。もちろんいい意味で。
ぜひ、一度面接に起こしください(笑)
そして、最終的には総合広告代理店かオープンエイトの2択ですごく迷っていました。
2回目の転職という事と、当時28歳だった為、今後のキャリアや人生についても悩みながらも、オープンエイトに決めました。

決め手になった理由は、これからの会社の成長と動画領域に対して、未知数のワクワクを感じた事と代理店の営業よりも多種多様なクライアントのマーケティングに関わる事ができそうという事でした。

OPEN8での現在のあなたの仕事はなんですか?

営業です!動画を切り口とした2つのサービス(動画広告配信のアドネットワークと自社メディア“ルトロン”)でクライアントのマーケティング活動を支援しています。
主な営業先としては、TVCMで見るようなクライアントや広告代理店になります。
クライアントに関しては、化粧品や日用品、食品、外食チェーン、自動車etc.になります。
ここでは書ききれないほど多種多様なクライアントとお話する機会が多く、その分様々な
マーケティングの課題に直面しますが、自分がやりたかった事だったので、それがすごく刺激的で充実しています。

仕事への情熱と思いを聞かせてください!!

とにかくルトロンを多くの人に知ってもらい、好きになってほしいと思っています!
これからますます有名になっていくルトロンなので、まだまだ地道な営業活動が必要なフェーズではありますが、ルトロンの映像をクライアントや代理店に紹介すると、必ず皆さまに動画のクオリティや企画のおもしろさを評価頂き、”行ってみたい””やってみたい”という感想を頂いています。
やっぱり”動画”ってすごいな、”ルトロン”って可能性を秘めているな、と日々体感しながら、それがモチベーションになっています。

入社後一番楽しかったことはなんでしたか?

やっぱり”撮影”ですね。動画メディアの仕事をしている一番の醍醐味だと個人的には思います。ルトロンのメディア営業の醍醐味は、様々な業種/業界のクライアントさまと一緒に仕事ができる可能性を秘めたメディアなので、多種多様な企画を提案でき、ワクワクしています!自分の関わった映像が世の中に出ていくことは楽しいです。
TV業界やWEBメディアなど各業界から映像のプロも集まっているので、その人たちと一緒に仕事ができるのも刺激的です。あとは自分の営業力次第ですが、、、旅行モノの企画やその方面のクライアント様を捕まえられれば、海外や国内リゾートの撮影も全然夢ではないので、ロケで行ける事を願って、営業全員すごく狙っています(笑)

一番手ごたえを感じた事を教えてください!

手ごたえ、というよりは自分自身のやりがいやモチベーションにも近しいですが、社内外問わず、新しい事や急な変化が自分に多く押し寄せてくる為、インプットする事や対応しなければならない事が多く、毎日苦労しながらも楽しんでいます。私自身は前職でメディア営業をしていた、という事以外、広告業界やインターネット業界に関しては、初心者でした。さらに前職2社経験していますが、どちらもいわゆる”超”がつくほどの大手だった為、ベンチャーで働く事も”初心者”でした。30歳前という、男のキャリアにとってはセンシティブな時期に”初心者”の業界/会社に飛び込みましたが、その毎日の刺激にすごく手ごたえを感じています!

▼打ち合わせ中の写真

入社前と入社後で会社のイメージは変わりましたか?

入社前にたくさんの人とお話させてもらったので、あまり悪い意味でのギャップはなかったです。あるとすると、思っていたよりも、さらに”しっとり”した会社だなーと思いました。ベンチャーと聞くと、みんなガツガツしていて、いろいろ語っているイメージがありました(笑)が、いい意味で落ち着き、地に足つけながらも、高い目標に向かい、お互いを高め合っている感じがします。大人ベンチャーって感じですね。

社員とコミュニケーションをとるために心がけていることは何ですか?

社内の”人”に関していうと自分のもう一つのモチベーションになっています。
もちろんみんな良い人である事は当たり前なのですが(笑)、みんなこれまでの経歴や人脈がおもしろいように異なっていて、仕事やキャリアの話をしているとすごく刺激的で、参考になります。
あとは、年代の近しいメンバーが多いので、仕事終わりや休日に一緒に過ごす事も多く、
個人的にはアラサーにして、初めて草野球に参加したり、テラスハウスみたいな施設でグランピングをしたり、、、仕事以外でも貴重な体験をさせてもらっています(笑)

自分の経験が活かされたと思った事はありますか?

前職の広告営業の企画スキルは生かされていると思います。
具体的には”脳みそを女性にして、企画を考える”力です(笑)
前職では”花嫁のインサイト”を分析しながら、商品提案やイベント企画などしていたので、これは女性向けのサービスや商材のタイアップが多いルトロンでも非常に生かされています。タイアップの企画案に関しては、企画チームと協力しながら、営業も考える事が多いです。ここは正解がなく、かつクリエイティブな脳みそが求められるので、苦労する部分でもありますが、個人的には非常に楽しんでいる部分です!

今後の目標を教えてください!

先ほどもお話しした通り、ルトロンをもっと有名にしたい!!
これが一番の目標であり想いです。
私は営業なので、クライアントワークからそれが実現できればと思っています。
あとは、営業という立ち位置ではありますが、日々の営業活動の中で、欲しいサービス/売れそうなサービスがあれば、営業から作りたいという声をあげる事も可能なので、サービス開発にも携わりたいです。むしろ、そんな事ができる営業が求められています。
あとは、メディアのグロースハックにも興味が強いので、そんな領域にも将来的には関われるメンバーになりたいと思っています。
・・・とにかくやりたい事だらけで(笑)、それをできる環境は社内にいくらでもあるので、
早くチャレンジしたいです!!
そんな事が思えるのも、この会社の今のフェーズだからこそ叶うのかなと。

そして個人的には、より”かっちょいい男性”になれるように日々流行をキャッチアップしながら、心身共に磨き上げたいと思います(笑)

あなたを動かすもの、それはズバリ何ですか?

可能性をたくさん秘めた”動画”という事業領域とメディアの成長を肌で感じられるワクワク感です。あとは、”かっちょいい大人になりたい”という志ですね(笑)

最後に未来のオープンエイトメンバーへ一言お願いします!

”動画”ってなんかおもしろそう、メディアが好き、広告が好き、という人はぴったりだと思います!あとは、変化を楽しめるというのも非常に大事だと思います。
営業メンバーに関しても、まだそこまで大きな組織ではないので、組織作りという観点でも、一緒に楽しめる人と働けると楽しいかなと思います!

一緒に働けた際は、ぜひお好み焼きを!!(笑)

当社は「プライバシーマーク(Pマーク)」使用許諾事業者として認定されています。