広報BLOG 2020.07.21

「暑さに負けるな!夏バテ対策アンケート」オープンエイト編!

みなさん、こんにちは。オープンエイト広報担当です。

2020年7月半ば。奄美地方が梅雨明けし、うなぎを食べて夏バテを防ぐ土用の丑の日がやってきました。蒸し暑い気候が続きますが、これからいよいよ夏の真っ盛り。

今回の広報ブログでは、暑さに負けずに夏を乗り切るための方法をアンケート調査しました!
題して、「暑さに負けるな!夏バテ対策アンケート」オープンエイト編!ということで、早速、夏や夏バテに関するアレコレを聞いてみました。

 

―メンバーの夏マスク事情

今年の6月より、新しい働き方がスタートしたオープンエイト。
フルリモートワークを推奨していますが、オフィス勤務の場合は、マスクを着用して業務を進めています。

そこで、夏用のマスクを購入について調査してみると・・・。
購入を予定していないメンバーは58%という結果に。リモートワークが定着し、通勤しなくても仕事が進められる環境に大分慣れてきたようです。
ちなみに、既にマスクを購入した人も検討中という人も、アンケートでダントツ人気No.1にあがったのは、話題の「エアリズム」のマスクでした。
着け心地やサイズ感のレビューをWEBでチェックしているメンバーも多いよう。オールシーズン仕様のマスクだということも、気になる特徴の一つだとか。

 

ーやらかしてしまった、夏バテエピソード

広報担当がアンケート結果を見て一番びっくりしたのは、「炎天下でビールを飲みすぎて熱中症になった」というもの。炎天下の日は外ではなく、おうちで冷えたビールを楽しみたいものですね。 その他には、エアコンにまつわるエピソードがちらほら。就寝中に冷えすぎて寝冷えしたり、部屋の温度を冷やしたのはいいものの、夏風邪をひいてしまったり、暑さで寝られずに寝坊してしまった!というヒヤリハットケースもでてきました。
エアコンと賢く付き合って、体調ケアしていきたいものですね。

 

ー夏バテ予防のためにしていることは?

第3位は「運動すること」。
男女問わず、からだづくりへの意識が高めで、ランニングの習慣を大切にしていたり、おうちでストレッチやヨガなどをしているメンバーも多いです。

第2位は「エアコンで室温を下げること」。
やはり、室内で温度をコントロールできると快適です。夏の炎天下の日に出先から帰ってひんやりした風にあたると、気持ちが良いしホッとしますよね。在宅勤務中は、特に仕事部屋の空気や湿度なんかも気にして家電を見直すメンバーもいるんだとか。

続いて第1位は、「水分補給」と王道な回答が返ってきました。
運動にも家電にも健康にも気を配り、実は、意外と夏バテらしい夏バテをしたことがないメンバーが多いことが発覚!健康管理は1日してならず。エアコンの力も借りて夏の暑さを乗り切りましょう!

それでは、NewNormalにおける熱中症予防行動のポイントについて、インハウス動画AI自動動画編集クラウド「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」でお届けします♪

環境省熱中症予防情報サイト「令和2年度の熱中症予防行動」(https://www.wbgt.env.go.jp/pdf/20200526_leaflet.pdf)を元に作成


◆インハウスAI動画編集クラウド「VIDEO BRAIN」(ビデオブレイン)
「誰でも簡単、どこでも動画作り放題。」のインハウスAI動画編集クラウドVIDEO BRAINは、AIのサポートで誰でも簡単に高品質なストーリー性のある動画を数分で編集できるクラウドサービスです。未経験者のために作りこまれた操作画面で、まるでパワーポイントを使う感覚で動画を簡単に作成することができ、業界問わず多くの企業が導入。これまで外注していた動画作成が社内でできるようになり、コストも時間も抑えられると高い評価を得ています。2019年には『動画制作に機械学習を活用することで、動画制作にかかる時間を削減しつつ未経験者向けのサービス品質を向上している』と評価され、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2019年度 グッドデザイン賞」を受賞。

【公式】VIDEO BRAIN (ビデオブレイン)|インハウスAI動画編集クラウド https://video-b.com/