プレスリリース 2021.09.13

企業における動画の活用実態レポートを発表|レポート解説ウェビナー 9月29日(水)14:00〜開催!参加無料

2年連続シェアNo.1(※)のビジネス動画編集クラウド「Video BRAIN(ビデオブレイン)」を提供する株式会社オープンエイト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:髙松雄康、以下オープンエイト)は、Video BRAINのブランドスローガンである「伝わらないを、なくす」をテーマに、テキストと画像だけでは伝わりづらいビジネスコンテンツを調査。動画活用の実態とVideo BRAIN導入による定量成果を発表しました。

また、調査結果を解説するウェビナーを2021年9月29日(水)に実施します。動画はマーケティングや広報が外注して作るもの、という時代は変わりつつあります。取引先へ提示する資料や、採用における企業説明資料、社内向けの情報発信などでの動画活用が進んでおり、スピーディな実行の決め手は内製化です。ウェビナーでは先行企業のサクセスケース紹介も交えて調査結果を解説します。

※1 デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社「法人向け動画自動生成・配信ソフト市場の現状と展望 2020年度版」動画自動生成ソフトにおける動画自動生成売上高シェア (2019年度~2020年度)    https://mic-r.co.jp/mr/01930/

 

採用コンテンツや営業提案資料など、業務上重要な資料について「テキストと画像だけだと伝わらない」課題を感じている企業は実に60%以上。

プレゼン資料や商品紹介など、これまでワードやパワーポイントで作成していたビジネス文書やカタログやパンフレットなどの印刷物が動画に置き換わりペーパーレス化が進んでいる。

コロナ禍によるオンラインコミュニケーションの増加が動画活用開始の大きなきっかけに。
先行した企業が他社に影響を与え業務や職種を問わず動画活用が拡大。

動画活用の3大ネックは「予算」「知見」「体制」

Video BRAINの導入で、SNSエンゲージメントやコンバージョンなどの事業成果を創出。

<調査概要>
株式会社クロス・マーケテイングのアンケートモニターを使ったインターネット調査
実施期間; 2021年5月7日(金)~2021年5月10日(月)
調査対象者: 一都三県・二府四県・東海三県居住の会社勤務者(正社員)n=14,272
自社調査: 2021年1-3月期

● 日時   2021年9月29日(水)14:00~15:00
● 参加費用 無料
●参加登録  以下登録フォームよりご登録ください
● 視聴方法 参加登録後、視聴URLをメール送付します
● 主催   株式会社オープンエイト

 

プレスリリースPDFはこちら