Interview

候補者体験をデザインする。紡いだキャリアから
見出したファンを作り続ける採用への気づき

HR/総務グループ / 中途採用責任者
Human Resourse/general Affairs group / Senior Recruiter
小川 麻里奈
Marina Ogawa
スタートアップやメガベンチャーなどステージの異なる事業会社の人事スペシャリストとして採用活動に従事。2021年にオープンエイトへジョインし、中途採用の責任者として採用企画や採用広報など中途採用に関わる全てのプロジェクトをリードする。また、Video BRAIN導入企業の人事部門に向けたカスタマーサクセスを兼務し、動画を軸とした採用DXのサクセスモデルを構築、クライアントに伴走している。
She joined OPEN8 in 2021 and leads all projects related to mid-career recruiting, including recruiting planning and PR. She is also in charge of Customer Success for the HR departments of clients that have implemented Video BRAIN, and is building a success model for recruitment DX with video contents and working with clients as a HR professional.
自分自身の影響範囲や責任を広げて課題解決に取り組みたい
今までのキャリアと比較したときにOPEN8はどんなとこにやりがいや課題を感じましたか?
これまでコーポレートの職種にこだわって、秘書、総務、労務、財務など様々なキャリアを経験してきました。直近ではOPEN8よりも規模の大きなハイグロースタイミングのスタートアップの人事として採用にコミットすることが多かったのですが、規模が大きいので採用領域でも複数の役割に別れていて、大多数のチームの中の1人として働くようなスタイルだったんですよね。もっと全体を見ながら裁量を持ってチャレンジをしたいと考えていた時に、OPEN8に出会いました。

当時OPEN8は専属の採用担当もいなかったですし、組織の考え方が少数精鋭で一人一人がチャレンジをしながら自分の役割範囲を広げていくことを良しとする会社だったので、自分自身の影響範囲や責任を広げて課題解決に取り組みたいって思っていた自分の考えとマッチしているなと感じ入社を決めました。

入社して改めて、まだまだ整っていない部分があって、たくさんやれることがあるなと感じました。オペレーション整備やエージェント様とのリレーション構築、採用候補者の選考体験を考えた選考フローの設計や採用広報、他にも色々やれることがあるなと感じ、まさに自分が求めている環境だなと感じました。
候補者に寄り添う体験をデザインする
採用の課題に対してどのような取り組みをされたか教えてください
主に取り組んできたことは2つあるかなと思います。まずその一つがパートナーとなる紹介エージェント様とのリレーション構築です。少数精鋭の限られたリソースの中で高い採用目標をクリアしていく為には絶対に協力してくれる外部のパートナーの力が必要だと思いました。紹介エージェント様に対して「何でちゃんと紹介してくれないの?」みたいに詰めるようなこちら都合の一方的なやり取りではなくて、きちんとリスペクトをもって接し、OPEN8の事業や組織の現状も含めしっかり理解してもらうことに重点をおきました。少しでもOPEN8のファンになって頂き、『この会社をぜひ紹介したい』と思っていただけるように。その結果、現在では100社以上の紹介エージェント様とパートナーシップを組ませて頂いております。この場を借りて皆様本当にいつもありがとうございます。

あともう一つ注力したのが、候補者に寄り添う体験をデザインするところです。
採用関連のコミュニケーションって量も多いですし、意識しないとつい流れ作業になってしまいがちなんですが、きちんとケースバイケースで対応方法を変えたりとか、この選考のタイミングでこの情報を出したほうがいいよねとか、リクルーターとして候補者の方の状況に応じたアクションを意識しています。OPEN8も候補者の方もお互いにフィットしていると判断したうえで入社していただくのがベストだと思っているので、、候補者が何を希望しているのか、何を一番大事にしてるんだろうみたいなところは、仮にご本人と1回も会わなかったとしても、情報をしっかり把握するようにしています。そのうえで、この候補者ならこんな話をした方がいいだろうとか、うちだったらこんなことができますよとか候補者の希望に寄り添ったコミュニケーションを採用に関わるメンバーにしてもらうようにしています。
真摯に向き合い、目の前の方に良い体験を提供し続けていきたい
カスタマーサクセスの部署も兼任されていますがそのきっかけを教えてください
きっかけはカスタマーサクセスの採用ペルソナというかターゲットを擦り合わせしていく中で、これまでは広告営業の方だったり、営業×マーケティングが背景にある方がフィットしているんじゃないかという話でした。ただVideoBRAINの使われ方が、マーケティングやプロモーションだけでなく採用のシーンで人事が使用する用途も大きく広がってきていました。人事としての共通言語がある人間がCSを担当することで、採用課題からVideoBRAINの活用に繋げられたりとか、採用の部分でコンサルもできるようになるよね、という話が上がったんです。そこで私が「めっちゃ面白そう!」って感じでしまって(笑)。今後自分が人事のキャリアを形成していく上でも、事業部のことがわかっていたりビジネスの構造みたいなものがわかってる人事の方が、より採用や組織人事だったりとかやっていく上でも強いなと思ったので、視野を広げる意味でも自分から手を上げました。
今後の目標を教えてください
やりたいことはたくさんあるのですが、シンプルにOPEN8のファンになっていただける人を増やしていきたいと思っています。仮に採用においてご縁がなかった方がいたとしても、選考を通じて『OPEN8ってめっちゃ素敵な会社だったよね』って感じてもらえるようにしたいです。

また、結局採用を行なっていく上でもCSの業務を行なっていく上でも、突き詰めるといかに目の前の人に寄り添って大切にできるか、喜んでもらえるかみたいなところが、どの職種でも共通ですごく大事なことなんだなって見えてきたので、真摯に向き合い、目の前の方に良い体験を提供し続けていきたいと思っています。

その他インタビュー

募集要項

オープンエイトは様々な職種を積極的に採用しています。
中途採用
2023年新卒