Interview

データサイエンティストが経営を変えていく。
事業の可能性を広げ続けるデータ分析の取り組み。

データ戦略グループ / グループマネージャー
Data strategy Group / Group Manager
前側 将
Sho Maekawa
マルチビッグデータ大手でのデータアナリスト経験を経て2020年にオープンエイトのデータストラテジストとしてジョイン。ビジネス動画編集クラウド「Video BRAIN」のデータ分析を通じて事業戦略の立案を担う。2021年下期にはリファラル採用に最も貢献したメンバーに送られる「Referral Master」を受賞するなど仲間づくり・チームビルディングに貢献。プライベートでは「BIツール研究所」というコミュニティを運営し書籍監修や登壇多数。
After working as a data analyst at a major multi-big data company, he joined OPEN8 in 2020 as a Data Strategist. In the second half of 2021, he received the "Referral Master" award, which is given to the member who has contributed the most to referral hiring, and contributed to team building. In his private life, he manages a community called "BI Tool Laboratory," where he supervises books and participates as a speaker on numerous occasions.
クライアントのプロダクト利用状況データが観たくても観れないところからのスタート
OPEN8に入社したきっかけは何ですか?
もともとはもともとデータ分析ツールのエンジニアという形で導入のコンサルとかをやっていたんですけど、事業に貢献できるデータ分析の組織を1から作ってみたいという思いがありました。その時ちょうどOPEN8でそんなポジションの募集をかけていたタイミングだったので自分にフィットしていると思い入社することにしました。データ分析は最近でこそトレンドとなっている職種ですが、これまでは専門性のない人が片手間でやっていたような仕事も多く、なかなか理解を得難い環境もあったかと思います。そんな中でOPEN8の役員の方々と面接したときに感じたのはデータ分析に対して一定以上の理解を示してもらえたので、これだったら自分のやりたいことが叶えられそうと思いました。そこが入社の決め手でした。
OPEN8で前側さんはこれまでどんな取り組みをされてきたのですか?
入社当時はデータに関しては何も整ってない状態がスタートで、且つチームとかも特になかった状態だったので、まずデータ周りを綺麗に整備してデリバリーできるようにするところから始めました。例えば入社当時、クライアントのプロダクト利用状況データが取り出せる人が限られていて、見たくても見られない人がいる状態だったので、基本的なデータに関しては誰でも簡単に見れるようにするために自動化に取り組んでいきました。

今では、サービスプロダクトの利用状況が誰でも一定わかるし、クライアントの契約状況に関しても簡単に見られるようになりました。こういったデータの基盤設計をし、管理ツールで取り扱えるようにした上で、様々なシチュエーションで様々な部署がデータ活用できるように整備していくことが今の仕事になります。データは多部署と横断で関わることも多いので、その方々とデータを基にコミュニケーションする方法を徐々に確立していきました。
ホスピタリティーがあるメンバーで柔軟に対応するチーム創り
現在のデータ戦略グループのミッションと具体的な活動内容を教えてください
データ戦略グループは現在私を含めて4名で構成されていて、データアナリストとエンジニアが所属しています。データチームの作り方は会社によって様々あると思いますが、データエンジニア専門とかアナリスト専門とかじゃなくて、エンジニアリングもできるし、細かい作業によってツールも見れるような幅広く仕事でき、事業会社のスピードや変化に対応できるメンバーでチームを構成しています。その中でもチームを創っていく上で重要視したのは、様々な人たちとコミュニケーションをする部署なので、ホスピタリティーの高い人でチームを作る事です。その結果、依頼に応じて柔軟に対応するチームができたと思っています。

また、現在のデータ戦略グループ部署のミッションは、社内データをきちんと整えて、マーケティング、セールス、CS、プロダクトの各チームをデータで繋ぎ、意思決定を支援することです。先ほどお伝えした最初に取り組んだデータ基盤部分は、まだ課題は残っているものの大きく改善されています。なので次のステージとしてやっていきたいのは、「データを繋ぐ」というところで、それぞれの部署からもっとデータを使ってビジネスを円滑に進めたいという具体的なニーズをいただいているので、そのニーズにきちんと答えていきたいと思っています。

例えばマクロレベルの視点の話だと過去のサービス利用状況やクライアントの利用状況を取得して分析するみたいな話もありますし、ミクロ視点での話だとCXチーム(Customer Experience)が活用しているウェビナーの1回1回の利用状況を見ていき、既存データとの比較を行って分析するといったように、部署や担当領域によっていろんな事例があります。データ戦略グループは社内のあらゆる意思決定に関する相談を受けることができる部署だと改めて感じています。
ホスピタリティーを武器にみんなを繋ぎ、自分らしい価値提供を目指していく
これからのチームの課題は何ですか?
データアナリストの観点で言うと、データ分析で事業に大きく貢献するところが一番の醍醐味なので、これからそこにより携わっていきたいです。現在経営レイヤーに対してデータのファクトを活用した意思決定を促したり、アドバイスするようなことはあまりできてないので、そこをこれから強化していきたいと思っています。

現在のOPEN8の事業戦略がある中でテック視点でここをもっと最適化できるのではとか、データの観点からこういうお客さんの条件であれば自動化で対応できるのではないか、とか。もっと様々な形でデータが事業戦略に関わっていけるのではないかと考えています。とはいえ、様々な部署と関わる分、様々な部署から多くの依頼が来るので、チームの限られたリソースを円滑にコントロールするのがマネージャーである自分の役割なんだと感じています。データ作成と活用の取り組みはBtoBのSaaSにおいて非常に重要なことだと実感しているので、他部署としっかりコミュニケーションを取りながらいろんな課題にスピーディーに対応していきたいです。

データアナリストって二種類いると思っていて、意思決定者に示唆をして大きく事業に貢献していく攻めるタイプと、様々な人とコミュニケーションとりながら回りを幸せにするような守るタイプがいると思っていて、自分は守るタイプが得意なので、強みはホスピタリティだと思うんですね。データ戦略グループの中でもっと自分が余裕を持って、いろんな人を支援したりすることによって、プロジェクトが円滑に進んでいくと思うので。ホスピタリティーでみんなを繋ぐ役割になれたら自分らしい価値が出せると思っています。

その他インタビュー

募集要項

オープンエイトは様々な職種を積極的に採用しています。
中途採用
2023年新卒