Interview

一番大事なのは「人」。セールスのエースが目指す、
自分にしかできない顧客との向き合い方。

アウトバウンドセールスグループ / グループマネージャー
Outboundsales Group / Group Manager
麻原 有貴
Yuki Asahara
大手企業の本社部門に向けたERP導入支援コンサルタントを経て、2021年にオープンエイトにジョイン。強みである新規顧客開発の経験を活かし、アウトバウンドセールスグループの垂直立ち上げをリード。参画早々に次々と実績を挙げ、トラクションを創出。
After working as an ERP implementation support consultant for the headquarters division of a major company, he joined OPEN8 in 2021. Utilizing his experience in new client development, which is one of his strengths, he led the vertical launch of the Outbound Sales Group. He quickly achieved success and created traction soon after joining the company.
フロント領域でお客様のトップラインをより伸ばしていくようなサービス作りに携わりたい。
これまではどんなことをされていたのですか?
前職はITの会社にいまして、新卒で入社したんですが、営業本部に配属されて、当時一番売り上げていた大阪の営業所で3年ほど勤務しました。その後九州マーケット開拓を任された後に、東京配属なりました。ありがたいことに新卒2年目の頃には400人いる営業の中で1位の成績を残すことができました。
OPEN8に入社したきっかけは何ですか?
そこから初めての転職でOPEN8に入社したのですが、OPEN8を選んだのは大きなポイントが2つありまして、1つは新卒で入った会社で営業していたプロダクトが、人事や会計のパッケージシステムで、バックオフィスの業務効率化の為に導入するプロダクトで、コスト削減を目的としたものだったんですよね。ただバックオフィス側の仕組みは個人的にはお客様が喜ぶ瞬間が見えづらいなと感じていて、フロント領域で売上のトップラインをより伸ばしていくようなサービス作りに携わりたかったと思っていたので、Video Brainはまさにそんなプロダクトだなと思っていました。

もう1つはSaaSの業態にすごく興味を持っていたんですよね。KPIを営業だけでなく、全体で見渡してマーケティングやインサイドセールスの各ファンクションメンバーと議論しながら、一番インパクトあるところはどこかを考えて、実行するような経験がしたかったんです。営業マンとしてただ結果を出すだけではなく、事業全体を見渡せる思考回路を身につけられる業態に行きたいという思いがあったので、SaaS業界を希望していました。数あるSaaS企業を30社くらい選んで片っ端から話を聞きに行きました。

その中で最終的にOPEN8を選んだ理由は、代表の高松さんと面接でお話しをさせて頂いた時に、今まで自分が携わってきたアウトバウンドセールスの立ち上げ話があり、そこを『麻原くんに任せたい』と言って頂いて、今までの経験がフルで活かせるなと純粋に思ったんです。そこが大きな決め手になりました。
お客様が抱えているであろう課題を徹底的に考え抜き、仮説を立て検証していくところに面白さがある
オープンエイトでのセールスの面白さと難しさを教えてください
自分が携わっているアウトバウンドセールスの難しさはそもそもお客様のニーズがわからない中でこちらからプッシュしてアプローチをするスタイルなので、仮説をどれだけ具体的にイメージできるかだと思っています。お客様が抱えているであろう課題を徹底的に考え抜き、仮説を立て検証していくところに面白さもあると思っています。立てた仮説がお客様にすごく刺さっているなと感じられる瞬間は「きたー!」って思います。

また仮説を立てる際に、お客様の事業特性やお客様の事業のユーザー課題などはもちろん事前に調査しますし、お客様の会社文化、どんな方がフロントに立って頂いているかも踏まえてSNSをチェックしたりして、様々な情報を抑えながらちゃんと仮説を立てることを大事にしています。

さらに理解を深めていただくために、今までヒアリングさせていただいた500社以上のノウハウをもとに作成した説明資料やヒアリングシートを活用して、動画を活用したDXの重要性や時代のニーズなどを説明させてもらって具体的な成果物のイメージをしていただくんです。そうすると最初はなかなかご理解いただけなかったお客様にもご理解いただけるようになりました。
一番大事なのは「人」としての在り方
セールスで成果を出すために注力しているポイントをおしえてください
一番大事なのは当たり前ですが「人」です。本当に基本的なことなのでお恥ずかしいのですが、最初のご挨拶からちゃんとお客様に良い印象を持ってもらえるかでほとんど決まってしまうと思っています。

いかにお客様の会社や商品を理解していたとしても、最初の印象でそのあとに進むための課題合意や認識共有にも影響がでてしまう。「この人から買いたい!」と思ってもらえるように強く意識してます。その為にも営業上では自分の話をしっかりするようにしています。

私は家業でお酒を造っているんですが、せっかくいいものを作ってもなかなか伝えることができない難しさや苦労など、ビジネス上の課題をお客様と共有できたりするんですね。絶対いいもの作りたい、という気持ちに寄り添ってお手伝いができることは光栄なんだと、より理解をしていただくため自分の話を魅力的に伝えることを大事にしています。セールスとしての基本的なアプローチは誰でもやっていることで、そこで終わってしまうのが普通のやり方なんだろうなと。そこから何ができるかを考えるのが自分だけにできるセールスだと思って取り組んでいますね。
今後の目標を教えてください
組織的な目線で言うと、今自分が取り組んでいるアウトバウンドセールスについてですが、狙ったエンタープライズ企業に対してアポイントを取り、ちゃんとお客様の課題を議論できる組織にしていきたいなと思っています。

もう少し青臭い話をすると、メンバーみんなが一緒の船に乗るというか、1人1人が自分の人生においてクリアしようとしてる課題が仕事を通じて解決していけるような組織になれたらと思っています。アニメのワンピースをイメージしていただけるといいんですが(笑)。
組織の中で、「みんながここに向かってるんだ」みたいなことが実感できるような取り組み、それがきちんと評価されることで自分の成長に繋げられることが素敵だなと。
そういった一人一人の人生が豊かになる方向に向かうことで、別に仕事が全部じゃないよって思える。もちろん仕事で成果を出したいということが前提にありつつも、そういう人達だから、何のためにこの仕事を今やっているかという目的意識をきちんと考えられる人たちと働けるといいなって思っています。

その他インタビュー

募集要項

オープンエイトは様々な職種を積極的に採用しています。
中途採用
2023年新卒