INTERVIEW

出会いの数だけストーリーがある。ルトロン企画担当の声

コンテンツビジネス本部 芹澤遥

2017年5月に自社メディア【ルトロン】の企画担当としてジョイン。
お出かけスポットを誰よりも知り、数々の人気コンテンツを生み出す彼女にインタビュー!

ご出身はどちらですか?

長野県の上田市です!
長野中の長野で、新幹線が一応停まるような所です。(笑)

オフの日の過ごし方を教えてください

ほぼお出かけしていて、西荻窪、吉祥寺などに行きます。
気になっていた街へお出かけしていることが多いです。
普段から気になるお店やスポットにGooglemapでひたすらピンを立ててそこを攻めて行っています。

(そういったスポットはどうやって見つけるんですか?)

仕事柄、雑誌、テレビ、メディアで常に情報収集をしていて、新しくオープンするお店の情報であったり、気になるところは全てメモしています。
あとはカメラが好きなので友達と写真を撮りに行くこともあります。

芹澤さんの作品集はこちら⇓
https://seriharu.portfoliobox.net/somewhere

学生時代は何をされていましたか?

2年生までは英語を勉強していて、その後スウェーデンへ交換留学しました。
留学中は休みを使って周辺の国へ旅行に行っていました。
それから写真熱に火がついて学生時代の後半は写真をひたすら撮っていました。

お出かけが好きな理由は新しい場所にいきたいっていうのもありますが、写真を撮りにいきたいからというのもあります。

▼旅行中の写真

卒業後はどのような進路を?

IT企業に就職し、ハウスメーカーの不動産情報を取り扱うポータルサイトを運営する部署で、BtoBの企画営業をしていました。
その後は商品企画やキャンペーン企画、ディレクターとしての役割がメインになり、最後一年位は部署をまたいで仕事をしていました。
そこでは取材にいって、自分でカメラをまわしてインタビューの写真を撮ったり、映像の編集を行っていました。
もう一つの部署ではECをやっていて、商品のコーディネート撮影を担当することもありました。

そこからOPEN8を知ったきっかけはありますか?

転職活動の際にエージェントから紹介を受けました。

そこから入社に至った経緯は?

フリーランスのカメラマンになるか迷っていましたが、企画から携わる仕事をやりたいとも思っていました。
写真が好きで、趣味でもたくさん撮っていたので、企画✕映像という軸でなにかないかと探していたタイミングでメディアを紹介していただき、ルトロンを知ることになりました。
ずっと写真や動画でなにかを表現できるような業界がいいなと思っていたのと企画が好きなので、入社を決めました。

OPEN8での現在のあなたの仕事は何ですか?

ルトロンの企画を担当しています!月20本の特集配信のためアイデアをたくさん持ってきてアウトプットしています。

(今までの企画で印象的だったもの、記憶に残っているものは何ですか?)

いろいろありますが、自分もとても力を入れたし、周りも結構目を止めてくれたなと思うものは
谷根千の街歩きの特集です。

https://letronc-m.com/4728

そもそも街歩きの動画っていうのが、ルトロンで初めての試みでした。
お出かけメディアというからには、そのお店の情報だけではなく、その街に今週末は行きたいよね!っていうのが動機づけになったりもするので、じゃあそれを表現するにはどういう風にすればいいのか、というところから企画した特集動画でした。
結果として、それがあたらしい試みになり、社内だけではなく社外のメディアの方からも声をかけていただけたので、チャレンジして良かったなと思いました。

仕事への情熱と思いを聞かせてください!!

自分で考えた企画をゼロから形にして発信すること。それを楽しく見てくれている読者がいることがやりがいにつながっています。

入社後一番楽しかったことは何でしたか?

普段は関わりがないようなプロフェッショナルな人たちの話を直接聞くことができることです。
新しい人に出会うたびに、新しいストーリーに出会い、思わぬ発見と感動があります。
特に新オープンのお店の方にお話を聞くときは、より熱い想いを感じることができて涙が出そうになることもあります。
ものが作られる工程などを自分の目で見ながら話を聞く機会は、他では得られないものだと思います。

閉館後の美術館で、ブリューゲルのバベルの塔を専門家の方のお話を聞きながら、間近でじっくり見ることができた時はなんて特権なんだ、、、と思い興奮しました!
普通の営業時間では、混雑していてみるのがやっとなものなので、とても貴重な体験になりました。


一番手ごたえを感じた事を教えてください!

取材先の担当者からコンテンツ配信後に反響が高く、お客さんが増えたとわざわざメールなどでご連絡をいただくことがあるのですが、そういう時はすごく嬉しいです。

入社前と入社後で会社のイメージは変わりましたか?

入る前から他の会社と比べて気さくでフレンドリーな印象でした。
面接の段階からフランクに話して人柄やその人の興味に関心を持ったり、実際に仕事を始めてからも部署関係なく、気軽に話しかけてくれる人が多いのでギャップはありませんでした。

社員とコミュニケーションをとるために心がけていることは?

外出が多く社内にいないことも多いので出張があったらお土産を用意するようにしています。
そのお土産をきっかけに、ささいなタイミングで会話ができたりするので、そういった会話を通してお互いの情報交換ができればなと思っています。

あなたから見た社内の雰囲気はどうですか?

中途入社でもすんなり馴染める雰囲気だと思います。フレンドリーで気さくな人が多いです。

自分の経験が活かされたと思った事はありますか?

写真で培った経験や、プライベートでの旅行体験は、ルトロンの企画を考えるときに直に役立っています。
あとは前職で培った企画営業の経験は、クライアントとの調整にも活きているし、ディレクターとしての仕事は案件の進行管理に役立っています。
どんな経験もアイデア次第でいろんな仕事に活かせるのだなあと今の仕事を通して実感しています。

今後の目標を教えてください!

これまでのフォーマットにとらわれずに”おもしろい”を追求していきたいです。
ルトロンも大体フォーマットが決まってきてはいるのですが、それだけじゃなく、どうやったらそのお店の魅力が伝わるのかを常に第一に考え、枠にとらわれない企画立案をしていきたいと思います。
今はたくさんのメディアが乱立していて、同じような情報を発信している記事も増えてきています。
そんな時期だからこそルトロンにしかできない特異性がある情報をもっと発信していきたいです。

あなたを動かすもの、それはズバリ何ですか?

楽しい!という気持ちとその先に待っている感動です!

最後に未来のオープンエイトメンバーへ一言お願いします!

ルトロンは色々なチャレンジができるフェーズだと思います。
取材先も毎回新しいし、企画も同じことをやっていてもつまらないので、好奇心旺盛で新しいことに挑戦することが好きな人、お待ちしています(╹◡╹)

当社は「プライバシーマーク(Pマーク)」使用許諾事業者として認定されています。