INTERVIEW

一緒に働くメンバーが好き。笑顔溢れる新卒一期生の声

ビジネス開発本部 金成真理恵

2017年に新卒一期生としてジョイン。新卒一年目でルトロンNEWSの立ち上げを一人で担当。
現在は2018年9月3日にリリースしたAI自動動画作成ツール〚VIDEO BRAIN〛の動画フォーマット制作に携わる彼女にインタビュー!

ご出身はどちらですか?

東京です!

オフの日の過ごし方を教えてください

友人と会うこともありますが、家でのんびり映画を観たり本を読んだりするのが好きです。
月に何日か予定がない日を作って、自分一人の時間や家族との時間を大切にするようにしています。
どちらかというと、平日の夜に友人とご飯に行ったりして土日はゆっくり休むことが多いです!
フレックスなので朝早く来て、夜は早めに帰ることもできるので平日でも比較的、夜も時間を取ることができます。

あとはモーニング娘。18が大好きなので、ライブやイベントに行って、趣味を満喫しています。(笑)
会社のメンバーと遊ぶこともあります。
部署を横断してみんなで乗馬に行ったり、上司のお家で鍋パーティをしたり、休日に予定をたてて会うくらい仲良しです!

学生時代は何をされていたんですか?

大学はITとは全く関係のない、国文学科でかな文字の読み書きや漢文、様々な時代の文学に関して学んでいました。ゼミは近代文学を選択し、卒業論文はジブリに関して研究していました。
大学二年生の頃からメディアでインターンを始めて、そこでは大学4年までの3年間お世話になりました。
あと長期インターンはもう1つ、大学4年から1年他のメディアでも並行して始めました。
就活を意識した3年では短期インターンを10個くらい受けていました。

▼旅行中の写真

具体的にどんな業界を受けていたのですか?

とにかく自分が本当に好きなもの・興味があるもの・将来の理想像を明確にするために色んなことをしようと活動していました。
結局、自分がして好きなもの・興味があるものでないと続かないなと思って業界もIT中心ではありましたが、狭めずに短期のインターンは受けていました。

アルバイトは高校生の時に通っていた塾で講師に誘っていただき、4年間講師をしました。

何か一つは4年間続けてみよう!と思って、塾講師のバイトは4年間続け、大学3年からは主任もさせていただき講師40名ほどのリーダー的なことをしていました。大学一年生の時に受け持った生徒で小学生だった子が、私が卒業する時には高校生になっていて、自分が成長した分、時間が確実に流れていることを感じ出来事でした。(笑)

OPEN8を知ったきっかけは何?

当時、オファーボックスという自分のESを公開して企業からオファーをもらうというアプリを使用していて、そこで当時の人事担当の方にオファーをいただきました。長期でメディアインターンをしていたこともあり、ルトロンの編集部にオファーをいただきました。

そこから入社に至った経緯は?

元々メディアでインターンをしていたのと、女性がターゲットの方が圧倒的に面白そうだなと思っていたのと、動画メディアがちょうど出始めたタイミングだったので、やるなら女性向けの動画メディア、そしてこだわり抜いてコンテンツを制作できることが前提で、立ち上げ当初であったのと、他の動画メディアとは違うおしゃれで綺麗な動画が特に強みだったのでルトロンが本当にぴったりでした。実際に入社に至るまでは、当時オファーをくださった人事の方がカジュアルな面談やランチ会を複数回、設定してくださって会社への理解が深まったことが一番大きかったです。

私はちょうど新卒一期生で、さらに“ルトロン”もリリースしたばかりで女性向けの動画メディアとして成長しか感じていなくて、自分がその成長の過程で働けると思うととても入社が楽しみでした。内定をいただいて、8月くらいからインターンもさせていただくことができ、本当にルトロンの立ち上げから関わることができました。

新卒一期生で、いい意味でも悪い意味でも確実に記憶に皆さんの記憶に残るという特別感も大きかったです。(笑)

OPEN8での現在のあなたの仕事はなんですか?

現在は、ビジネス開発本部で主にルトロンニュースの制作・管理をしています。ルトロンニュースの立ち上げは一人で行い、そこに人が増えて現在は効率を考えチームで分担して作業を行っています。
加えて、最近リリースしたばかりの新規プロダクトであるAI自動動画作成ツール〖VIDEO BRAIN〗 の動画フォーマット作成等のサポートを行っています。
新規事業のVIDEO BRAINはルトロンとは全く違うサービスなので、同じ会社、同じ部署内でも本当に多岐に渡る仕事に携わることができ日々学びが多いです!

仕事への情熱と思いを聞かせてください!

私は大学からのインターン経験もあり、メディアが大好きです。
理由は、とことんユーザーと自社メディアのことを考えてこだわり抜いてコンテンツを制作することが出来るからです。
なかなか難しいですが、ユーザーファーストのことだけを考えてコンテンツを作りたいです。
一見、ルトロンのコンテンツは動画メインに記事があって、その2つのみで構成されているように見えますが、その背景では撮影技術はもちろん、ルトロンの世界観が体現できる撮影方法、そして撮影する店舗、ユーザーがより詳しい情報を見たいと思ったときのための記事。全てユーザーのことを第一に考えて制作しています。その思いがルトロンの現在の認知度や数字にも現れていると思いますし、自分が少しでもそこに貢献できていればなと思います。

入社後一番楽しかったことは何でしたか?

忘年会の準備と当日です!
新卒が忘年会や納会などイベント準備をするので、新卒の中では特に一大イベントだったと思います。
時には喧嘩もしながら(笑)、一緒に働くメンバーに楽しんでもらえるようにそれぞれの得意分野で担当を決めて準備をしました。
私はオープニングムービーなど映像系を担当したのですが、当時の映像編集部の上司がよく頑張ったね、映像良かったよと声を掛けてくださって号泣したのもある意味、楽しかった思い出です。
自分自身も楽しかったですし、何より当日、みんなが笑顔で、終わったあとも楽しかったよ、お疲れ様と声を掛けてくださり、それも含めて本当に楽しかった思い出です!

一番手ごたえを感じたことを教えてください!

ルトロンの認知度が上がったと実感できた時。
社内体制やルトロンのユーザー数、コンテンツ数などは確実に伸び増え続けていましたが、実際に友人にルトロンをみてこのお店に行ったよ!と連絡をもらえたり、店舗の方にルトロンに取り上げていただけて嬉しいです、など声をかけてもらえた時が本当に嬉しいです。
同時に、みんなに誇れるようなコンテンツをこれからも配信し続けたいしもっと良くしていきたいなと思います。

 

入社前と入社後で会社のイメージは変わりましたか?

想像していたよりずっと自由でした!
自由といっても、緩いという意味ではなく、新卒の意見でも理由がしっかりしていれば採用してもらえるし、自分のやってみたいことにどんどんチャレンジすることができる環境だと思います。
平均年齢が若いというところもあるので、発言できる環境と実現できる可能性が高いのかなと。
それとコミュニケーションが取りやすい環境だからこそ、信頼してお仕事を任せてもらえることが多いです。
ベンチャーだからというのもあると思うのですが、習うより実践してその場で学び吸収することが多く、より早く多くのことを学べました。(笑)

自分の経験が活かされたと思った事はありますか?

新卒で入社して、最初に配属されたのが映像編集部でした。
大学の頃インターンをしていたメディアは静止画のメディアだったので、動画に関してはド素人で編集も全くできなかったのですが、先輩方が丁寧に動画でコンテンツを作る意味や見方、撮影の基礎・編集など丁寧に教えてください無事に撮影・編集ができるようになりました。自分で撮影したルトロンが配信された時に感動したのを覚えています。(最初は一部の動画のみでしたが。笑)

今後の目標を教えてください!

現在は新規事業であるVIDEO BRAINの立ち上げに携わらせていただいているので、その売り上げに貢献していきたいと思います。
とはいえ、OPEN8value にもBreak the borderという言葉があるので、ルトロンに対しても貢献できればと思います。
まだまだ若い女子だからこその意見をどんどん言っていきたいです。

あなたを動かすもの、それはズバリ何ですか?

一緒に働く人です!
一緒に働く同じ部署、そして会社に貢献できるのが私にとって一番の原動力かなと。
それは会社が好きだからこそで、会社で一緒に働くメンバーが好きだからなんだなと落ち着きました。
あとは挑戦できる環境が常にあるので、すぐに相談もハンズアップもできる環境があるのも頑張れる原動力です。

最後に未来のオープンエイトメンバーへ一言お願いします!

一番最初の上司が「仕事は楽しく、笑顔で。」
常にそんな言葉をかけてくれる人でした。
本当にその通りで、仕事をしていれば忙しかったり失敗したり壁にぶつかる事もありますが、そんな時に一緒に働く仲間が笑顔で話しかけてくれるだけで、
自然と自分の気持ちも前向きになれることが多々ありました。
なので、前向きに笑顔で仕事に向き合える方と一緒にお仕事したいと思っています。
会社に会いたい人がいると休み明けの月曜日も少し楽しみになりますしね。笑

温かい人が集まるオープンエイトに興味を持った方は是非遊びにきてください!
一緒に笑顔で仕事ができる仲間にお会いできるのを楽しみにしています!

当社は「プライバシーマーク(Pマーク)」使用許諾事業者として認定されています。